雨ニモ打タレ(宮沢賢治風)

ょんな思いつきから宮沢賢治さんの「雨ニモ負ケズ」をもとにこんな文章を作ってみました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

〔雨ニモ打タレ〕

雨にも打たれ

風にも吹かれ

風の寒さにも夏の暑さにも晒され

体を丈夫に鍛え

プライドはなく

決して驕らず

いつも静かに笑っている

一日にプロテイン

白湯と多くの野菜を摂り

あらゆることを

自からの好奇心に従って

よく知りよく考え

そして行動する

必要最低限のモノに囲まれ

東に優れた人あれば

行って教えを請い

西に親しい友あれば

行って積もる話を語り

南に面白いものがあれば

すなおに面白いと言い

北におかしいことがあれば

正直におかしいと言い

雨降りの日には一人で歩き

天気の日には草木を愛でて

まわりになんと思われようとも気に病まず

前向きに考え

変化を楽しむ

そういう者に

私はなりたい

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

まあこんな駄作はひとまず置いておいて、本家の「雨ニモ負ケズ」はこちらから見ることができるので、この機会に今一度読んでみてはいかがでしょうか。

日本人ですものたまには日本の名文に触れてみるのもいいですよね。