嫌われないように生きるっていうのはホントにめんどくさい

の中には、人に嫌われることをやたらと怖がる人がいる。

みんなから好かれたいと思って自分を隠したり偽ろうと努力したり、他の人に嫌われることを怖れて常に他人の顔色をうかがったりする。

周囲の人から期待されると、その期待を裏切らないために本当は自分が望んでないことだどしても頑張ってそれをやろうとする。

でもぼくは「誰かに嫌われないようにするなんてロクなことないし、そんなもん気にしないで、のびのびと生活してる方がよっぽど楽しい」って思います。

他の人の反応なんてものは放っておいて、自分の興味があるもの、やりたいことに集中的にエネルギーを向けた方が人生は圧倒的に面白い。

人間関係だって、他の人がどう思っているかなんてことばかり考えていると、一緒にいてもそれほど楽しくないし、たいして興味もないのに「嫌われてくないから」とかいう意味不明な理由で話を合わせることになる。

それよりは自分の思っていることがあるなら言った方がいいって。自分を出した結果として人から嫌われることは仕方がないけれど、そうすることで今度は逆に本当に自分を理解してくれる人とつながれる可能性が出てくる。そういう存在の人がいてくれることは「嫌われないこと」よりもずっとずっと大事なことです。

世の中にはいろんな人がいるんだから、普通に自分をさらけ出していた方が多くの人に自分の価値を知ってもらえます。

小さな頃から他の人に嫌われることを怖れて、自分の感情を隠して周りの人の顔色ばかりうかがって生きるなんてのは本当に不幸。

 

★★★

 

せいろんが、「他人を気にしない生き方」の方がいいと思う理由は

  1. 人から嫌われることは仕方のないことだから、と
  2. 嫌われないことよりも自分の価値を分かってくれる人に出会うことの方が大事だから、そして、
  3. 自分の生きたいように生きるには相応のコスト(嫌われる覚悟)が必要だから

です。

 

そもそも「私は(あの人は)誰からも好かれてます!」っていう考え方はお花畑的な幻想でしかありません。どんなに人気のある芸能人やスポーツ選手だって必ずアンチという人が存在します。

それなのに人から嫌われることを怖れるなんていうのは、雨の日なのにすべての雨粒をよけて出かけようとするくらい無理のあることです。

誰からも嫌われないなんてことがありえないなら、変に自分を偽ったり隠したりして嫌われるよりも自分の好きなように生きて嫌われた方が気持ち的に楽ちんです。

 

それに、そうやって周りばかり気にして、当たり障りのないようにしてると、好かれるはずの人にも好かれなくなるでしょ。

誰かに好かれるっていうことの裏側にはその人に嫌われるかもしれないっていうリスクが必ず付いてくる。もしも本当に誰からも嫌われないということがあり得るなら、それは誰からも好かれないということでしょう。よーするになんとも思われないこと。愛情の反対は憎しみではなくて無関心です。

だから、「自分に正直でいる」みたいなスタイルでいた方が、「その場に合わせて無難に振る舞う」みたいなスタイルでいるよりも自分の価値をより深いレベルで理解してくれる人と出会える可能性が圧倒的に高いです。

 

そして、他人が自分のことをどう思うかなんてことは気にせずに、他者から嫌われるかもしれないということを受け入れられるようになると、自分がどういう風に生きたいのかがわかってくる。

たとえば、私は今アメリカにいて、日本よりも全然周りを機にする必要のない環境で生活しています。

日本を離れてみると、自分が今までどのくらい周囲の価値基準に従っていたのかということを自分自身に問い直すことができる。

ただし、注意が必要なのは「アメリカにいる(日本を離れた)=自由」ではないってことです。アメリカの方が日本よりも個人の自由度が高いのは確かですが、問題なのは「どこにいるのか」ということなのではありません。

日本にだって自分のやりたいことをやって生き生きとした毎日を過ごしている人はいるはず。反対にアメリカだって、あのディズニーが「王子様と結ばれるプリンセス」から「自分で生きる女性」にヒロインを切り替えて「ありのままに〜」とかやってるわけです。

自分の生きたいように生きるために大事なことは「日本だからー」とか「アメリカだからー」とかいう場所の問題じゃなくて、周りの評価を気にせずに、他の人から嫌われるかもしれないということを受け入れられる「嫌われる覚悟」です。

家や学校、地域、会社、国などいった集団を抜け出しても、自分の中で他人に嫌われることを怖れてるうちは自分の生きたいようには生きられない。

 

最後に、こういう話をしていると「じゃあなんでもかんでも言えばいいのか!」みたいなことを言い出す人が出てきそうなので言っておきますが、自分の言いたいことを「相手を傷つけないために」発言しないのと「相手に嫌われたくないから」発言しないのはまったく別のお話です。

言っていいことわるいことってのはもちろんあるわけで、それとは別に、素直に自分が思っていることや普段から考えていることがあるのに、他の人にどう思われるのかを気にしてしまってそれを言えずにいるってのはちょっとどうなの?っていうことです。

 

というわけで、

自分の基準で自分を図ってあげることこそが大事なので、

間違っても他人に嫌われないようにしようなんてことは考えなくていーのです。

 

Bye-bye =)