僕の英語に対するスタンス —リーディング編(補足)—

ーディング編ということで前回は英語を読むことのハードルを下げて、少しずつ英語に触れてあげるといいかもねっていうお話でしたが、リスニング編の前に少し補足です。

それは英語を読む時に陥りがちな落とし穴について。

その落とし穴っていうのは ”てきとー” に ”なんとなく” 英語を読んでしまうということ。

小説や物語だと、少しくらい分からないところがあっても内容を推測して先へと読み進めることもありますが、度が過ぎると話が噛み合なくなっちゃいます。また、テストや試験ということになると設問に対してはっきりした確証無く問題を解いているとできたと思ったのにそうでも無かったなんてことになってしまいます。

リーディングの点数が安定しないとか今ひとつ伸び悩んでるっていう場合にはポイントとなるところをてきとーになんとなくで読んでしまっているっていうことが原因の1つとして考えられると思います。

やっぱりてきとーに読んでいたらてきとーな力しかつかないわけです。

だからまずは自分がきちんと読める文章を選んであげてください。

 

そしてリーディングの力を伸ばす上で避けて通れないのが単語や文法といった知識の壁です。

本や文章を読んでいて、知っている単語が多ければいちいち辞書を引かなくてもすらすらと読み進められるし、1つの文が長くても文の構造がどうなっているのかをパッと見切れたらどんなに長い文もへっちゃらです。

ただ、この単語とか文法っていうことを面倒だと思って英語をつまらないと思ってしまう人が結構いるのかもしれないと思うんですが、これはスポーツでいうなら基礎練と一緒です。日々の地道な積み重ねがあるからこそ遠くまでたどり着けるし、基礎があって始めて応用が利くっていうのはスポーツでも英語でもおんなじです。

単語力や文法の知識に不安があるなら、まずは中学・高校の時に使っていた単語帳や文法書なんかを簡単におさらいしてみるといいんじゃないでしょーか。それが面白くないという場合には自分で新しく買ってみるのも1つの手です。

単語帳1つとっても、文章を読みながらというものや語源から覚えるもの、各種テストにフォーカスしているものなどレイアウトも目的も様々です。自分の目標やスタイルに合わせて探してみればきっと自分に合う単語帳が見つかるはず。

そして文法、特に ”読むための文法” については、他の人がどうしているのかあまり分からないのですが、僕は大学受験の時にお世話になったのが竹岡広宣先生の「大学受験のための英文熟考」という本で、この本から読む時に気をつける文法について学ぶことができました。

大学受験のための英文熟考 上 (熟考シリーズ)

大学受験のための英文熟考 上 (熟考シリーズ)

 
大学受験のための英文熟考 (下) (熟考シリーズ)

大学受験のための英文熟考 (下) (熟考シリーズ)

 

 いわゆる英文解釈ってやつですが、この本をやってみて英文を1つ1つ論理的に考えて分析できるようになりました。解説も丁寧で論理的なのに堅苦しさを感じず、付属のCDも実際に講義を聴いているみたいな気分にさせてくれて、大学受験に限らずとも汎用性は高いと思います。

本の中にもありますが、英語が苦手、伸び悩んでるって人がじっくり英語と向き合ってみるのにオススメの1冊です。

 

以上少し長くなりましたが、こういう単語とか文法っていう基礎を積み重ねた後で多読・多聴をしてあげることでどんどん英語の力がついていくと思います!

ちょっとした英語をさっと読むのもいいですが、じっくり英語を読んであげるのも以外と楽しいですよー。

 

ということで、今度こそ次回はリスニング編です。

 

Bye bye :)