読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初受験しかも対策無しでTOEIC840点&英検準1級を取得した僕の英語に対するスタンス

然ですが僕は英語が大好きです。

しかし、英語は好きでも英語の試験はそんなに好きじゃないんです。はっきり言ってしまうと、できることなら受けたくない。だって僕にとって英語は楽しくて面白くてしかたがないものだけど、それに比べたら英語の試験なんて楽しくも面白くもないから。(それに何時間も集中して机に向かうためにはエネルギーがたくさん必要です)

昔からずば抜けて英語のテストができるという訳でもなく、今までも今現在も自分より英語のテストの点数がいい人なんてのはたくさんいます。自分の中で英語は「得意なもの」というよりも「好きなもの」なんですね。

英語のテストは嫌いなので、いざ試験を受けるとなって参考書を借りてきても結局何も手をつけずにTOEIC840点&英検準1級を取得した僕は一体何をしていたのかというのが今回のテーマでございます。

ここの所、英語の勉強方法についていろんな人と話す機会があったんですが、わりとみんな気になっているのかなとか思ったりしたので、僕自身の英語に対するスタンスを確認&修正するがてら書いてみようかななんて思いました。

さて、タイトルには「英語の勉強方法」ではなく「英語に対するスタンス」とありますが、それは一体なぜなのでしょう?

僕としては、英語は"勉強する” っていうよりも、"接する”もの or "向き合う”ものと言った方がしっくりくるので今回は「英語の勉強法」ではなくて「英語に対するスタンス」としました。

それではいよいよ今日の本題、なぜ英語の試験の対策をしなかったというと、まぁ1つはとても簡単な理由で「試験の対策なんてするのは面白くないから」です。単語帳や過去問など借りてきたはいいものの、まあ開きませんね。やる気も一緒に借りてこれたらよかったのに。

2つ目の理由は、僕の基本的な考え方として「本当に英語の力がある人だったら対策なんかしなくても簡単に点数取っちゃう」というものがあります。考えてみたら当たり前な話なんですが、イングリッシュネイティブ(英語を母語とする人)がTOEICとか受けたら900点とか普通に取っちゃうでしょ。

TOEICなんかは何点取っても実際に使えなかったら意味がないみたいなことはよく言われますが、要は英語力ある人が英語のテスト受けたらいい点取れるけど、テストでいい点を取れるからといってそれは必ずしも英語力があるってことにはならないんです。

ちなみにここでいう「英語が使える」というのは「英語で自分が伝えたいことを伝えられて、相手が伝えたいことを受け取れる」ということを意味しています。

ということで、次回からしばらくは「じゃあどうやって英語力をつけたらいいの?」なんてことを思った人のために向けて具体的にお話したいと思います。

 

第一弾はマインド編

 

See you soon :)