アフリカ取材報告会

フリカに行ったという2人の話を聞いて。 

食べるものが無くて、もちろん水も無くて、

寝るところすら無くてゴミの中で眠る子どもたち。

 

そういう子どもがいることを知らなかったわけじゃないけれど、

なんとなしに目を背けてしまう自分がどこかにいて。

 

自分1人じゃとても受け止めきれないから。

途方もないまでのもどかしさを覚えずにはいられないから。

 

 一番必要とする人に支援を届けることのできない現実がある中で

この世界も捨てたもんじゃないなぁと思えました。

 

小さな手を差し伸べる人がいて

その手に救われる人がいるのだから。

 

それに甘んじてばかりはいられないけれど。

 

自分が直視できない現実を真っすぐに見つめたお2人はほんとにすごいと思います。

今日はとっても刺激的なお話をありがとうございました。